g5615.png
g4158.png
〒007-0835 
札幌市東区北35条東5丁目1-7-102
​TEL 011-741-0606 FAX 011-375-7007
mail     poporo-vg@ymail.plala.or.jp
無題.jpg

 ~創立者の想い~  故 澗口 幸子(​昭和30年3月29日~平成28年1月7日)

 

2002年10月DPI世界大会が札幌で開催されました。
福祉住環境を学んでいた私は、お世話になっていた多くの障がい当事者の方々への 恩返しの機会でもあり、 自分の生き方を仲間と共に高めたいとの思いで、 大会の参加を強く願っておりました。
1年程の準備期問も含めて、私のDPI世界大会は感動と生きる力を沢山頂き、 完全燃焼した大会となりました。
各国から集結した3000人強の人々は、生きていく勇気と輝きを、 私達に伝える伝道者のように思われました。
ノーマライゼーションのあり方を文字(知識)から映像(イメージ)に切り替えられた 貴重な体験でした
その後、ボランティアグループ歩歩路を設立し、介護者のスキルアップ講習を重ね、 また雪道の移動や改善する提言を電動車いすの開発や行政に伝えて参りました。 今までの活動を継続性のある団体として、多くの人に伝えていきたいと思っています。
NPO法人として共に歩く仲間が集い広がっていくことを願い、ご理解ご支援をいただけるよう努めさせていただきます。

 

                                        創立者  澗口 幸子

歩歩路 自立支援センター歩歩路 ぽぽろ | 歩歩路 自立支援センター歩歩路 npo法人歩歩路 | 札幌市
理事長あいさつ

 

2016年1月7日 60歳の還暦を迎えたのち、創業者 澗口幸子は、目指すノーマライゼーション社会の将来に思いをはせ他界しました。

1996年に小さな建築屋を自分でおこし、バリアフリーということばがささやかれ始めた頃に、彼女は福祉の業界に足を踏み入れ、重度心身障害者の方々の地域生活をいかに実現して

いくかのことを常に考え、障害児・者の方々の当たり前に生きたいという強い思いの伝える力が、私ども障害児・者に関わる従業者を育てる力となるという支援・療育を実行してきました。3年が経過し、おかげさまで、歩歩路は14年の歳月を迎えました。これからも、時代が変わろうとも、創業者の意思を引き継ぎ障害のあるなしにかかわらず、当事者および保護者の方々に安心と信頼を得る、選りすぐりの介護支援プロ集団として共に歩んでいきます。